M&A会社の譲渡・売却をお考えの方

M&AからNetwork & Integrationへ
事業再編・承継・創造コンサルティング

会社の譲渡・売却をお考えの方

M&AからN&Iへ

 日本国内の人口減少が確実に進む中、内需中心の企業は世界と戦うパワーをつけてグローバルな競争に挑んでいかなければなりません。マスコミ報道では国内有数の大手企業のM&Aばかりがクローズアップされますが、これはより規模の小さい中堅・中小企業にとっても関係のない話ではありません。人口減少が今後のビジネスに影響を与えることは同じだからです。
 実際、私どものクライアント企業の中にも、上場企業はもちろんのこと、未上場の小規模企業においても、身内に後継者がおらず社員への事業承継も難しい状況であったり、既存商圏内では将来が見えないなどの理由により、M&Aによる会社譲渡を検討する企業が増えています。
 最近では買収や合併という形だけでなく、事業の提携・連携を強めたり、経営を統合して相乗効果を生んだりといった取り組みが多くなっています。これを私どもは、「M&A(買収・合併)からN&I(ネットワークと統合)へ」のシフトと考えています。Network & Integrationの頭文字をとったものです。買ったり買われたりするというよりも、企業と企業がネットワーク化し、統合することで新しい価値を生み出す。その時に必要となる資本取引が発生する。結果としてそれが買収と呼ばれたり、子会社化と呼ばれたりすることがあるかもしれませんが、中身はM&AではなくN&Iです。
 なぜ、N&Iと呼びたいかというと、企業の実体は人であり、人は買うことが出来ないからです。企業という概念上の存在やその概念が所有していることなっている土地や建物、機械、店舗などは買うことはできますが、人は買えません。何しろ貸借対照表に載っていません。土地や設備が欲しくて、それを所有している「企業」を買うなら「買収」でいいですが、人が回している「事業」を手に入れたいなら、連携し統合する働きかけが必要となります。この考え方が、私どものM&Aに対する基本スタンスです。
 今後の事業展開を考えるときに、自社だけで生き残りを目指すのではなく、他地区の同業者や同地区の異業種、関連技術を持った企業、川上川下の流通統合ができそうな企業など、相乗効果・相互補完を期待できそうな相手を真剣に探してみてはいかがでしょうか。M&Aに対する売った買ったというイメージを払拭し、事業のネットワーク化や統合なのだと考えて、発想を拡げてみることをおすすめします。
 その時、私どもNIコンサルティングが媒介となり、触媒となって、新しい事業の在り方や企業としての方向性を明示するお手伝いをいたします。金額換算もしますが、金額だけでは測れない価値を大切にすることをお約束します。

M&Aコンサルティングサービス

私どもは、国内8,000社を超える企業に、経営コンサルティングおよび経営支援システムを提供しており、その数は毎年数百社のペースで増加しています。  企業の戦略立案や将来ビジョン実現をサポートする一環で、「成長戦略実現のための事業提携・統合」「事業承継のための会社譲渡」「経営体質強化のための大手グループへの参画」など、様々な形のM&Aについて、多くの経営者の方から相談を受けています。


M&Aの現場で大切なこと

会社は、人の集合体です。創業経営者は、事業に対する熱い想いを持って会社を創業します。そして、創業の頃から寝食を共にしてきた社員、決して下請け会社と割り切ることに出来ない「協力会社」と共に一心不乱に仕事に取り組んできました。
 会社売却を考える創業経営者は、社員とその家族、協力会社社員とその家族の今後の生活をまず第一に考えます。  私どもは、この創業経営者の気持ちを大切に考えて、M&Aを進めています。


会社の譲渡・売却をお考えの方

今後の事業展開を考えるときに、自社だけで生き残りを目指すのではなく、他地区の同業者や同地区の異業種、関連技術を持った企業、川上川下の流通統合ができそうな企業など、相乗効果・相互補完を期待できそうな相手を真剣に探してみてはいかがでしょうか。M&Aに対する売った買ったというイメージを払拭し、事業のネットワーク化や統合なのだと考えて、発想を拡げてみることをおすすめします。


会社の譲受・買収をお考えの方

今後の事業展開を考えるときに、自社だけで生き残りを目指すのではなく、他地区の同業者や同地区の異業種、関連技術を持った企業、川上川下の流通統合ができそうな企業など、相乗効果・相互補完を期待できそうな相手を真剣に探してみてはいかがでしょうか。M&Aに対する売った買ったというイメージを払拭し、事業のネットワーク化や統合なのだと考えて、発想を拡げてみることをおすすめします。


ページトップへ
M&Aに関するお問い合わせ
0120-019-316