M&A 会社の譲受・買収をお考えの方会社の譲受・買収の進め方

M&AからNetwork & Integrationへ
事業再編・承継・創造コンサルティング

会社の譲受・買収の進め方

会社の譲受・買収の検討・実施は、
一般的に次のような進め方で行います。

Step1

M&Aターゲットの明確化

M&Aターゲット業種を抽出し、自社とのシナジー効果を分析します。
ターゲット業種の中から、シナジー効果の高いと見込まれる数業種を特定、M&Aのターゲットとして設定します。

Step2

候補企業の探索

M&Aターゲット業種を特定したら、次に候補企業のリストアップを行います。
リスト企業の中から自社で優先順位を決定頂き、当社が候補企業へアプローチします。

1)当社探索ルート
①クライアント企業
②提携会計事務所
③提携M&A仲介会社
④その他事業法人
※上記ルート以外にも、業種毎にアプローチの方法を検討します。

2)直接探索
対象となる企業リストを自社で作成し、当社が直接、対象企業経営者にアプローチし、候補企業を探索します。

Step3

対象会社との事業シナジー効果の検証

候補企業の中からニーズに合致する相手を特定、シナジー効果を検証し、買収価格を想定します。
その際は、自社で「定性的効果」の検証を実施頂き、「定量的効果」および「買収想定価格」の算定を当社が行います。
買収価格の算定には、DCF方式、純資産価額方式等がありますが、具体的には買収手法や統合後の業績イメージ等も想定し、また現実的に買収できる価格を算定します。

Step4

対象会社との交渉

M&Aターゲット業種を抽出し、自社とのシナジー効果を分析します。
買収価格等の目線が基本的に合意できる相手先と、個別具体的な買収交渉を行います。
M&Aを成功させるためには、①ビジョンの共有②統合後のマネジメント③現場の可視化が重要ですので、これらを視野に入れ交渉を進めることが大切です。

Step5

~譲受・買収後~
アフターM&A

会社譲受が完了し、想定したシナジー効果を実現すべく、新たな経営、新たな事業を実行に移す段階です。
これまで別々だった会社が同じ会社として、もしくはグループ企業として機能するために、アフターM&Aコンサルティングを実施します。
さらにその成果を現場の仕組みに落とし込むため、それぞれをITシステムで結び、マネジメントの可視化や仕事の見える化を促進します。

M&Aコンサルティングサービス

私どもは、国内8,000社を超える企業に、経営コンサルティングおよび経営支援システムを提供しており、その数は毎年数百社のペースで増加しています。  企業の戦略立案や将来ビジョン実現をサポートする一環で、「成長戦略実現のための事業提携・統合」「事業承継のための会社譲渡」「経営体質強化のための大手グループへの参画」など、様々な形のM&Aについて、多くの経営者の方から相談を受けています。


M&Aの現場で大切なこと

会社は、人の集合体です。創業経営者は、事業に対する熱い想いを持って会社を創業します。そして、創業の頃から寝食を共にしてきた社員、決して下請け会社と割り切ることに出来ない「協力会社」と共に一心不乱に仕事に取り組んできました。
 会社売却を考える創業経営者は、社員とその家族、協力会社社員とその家族の今後の生活をまず第一に考えます。  私どもは、この創業経営者の気持ちを大切に考えて、M&Aを進めています。


会社の譲渡・売却をお考えの方

今後の事業展開を考えるときに、自社だけで生き残りを目指すのではなく、他地区の同業者や同地区の異業種、関連技術を持った企業、川上川下の流通統合ができそうな企業など、相乗効果・相互補完を期待できそうな相手を真剣に探してみてはいかがでしょうか。M&Aに対する売った買ったというイメージを払拭し、事業のネットワーク化や統合なのだと考えて、発想を拡げてみることをおすすめします。


会社の譲受・買収をお考えの方

今後の事業展開を考えるときに、自社だけで生き残りを目指すのではなく、他地区の同業者や同地区の異業種、関連技術を持った企業、川上川下の流通統合ができそうな企業など、相乗効果・相互補完を期待できそうな相手を真剣に探してみてはいかがでしょうか。M&Aに対する売った買ったというイメージを払拭し、事業のネットワーク化や統合なのだと考えて、発想を拡げてみることをおすすめします。


ページトップへ
M&Aに関するお問い合わせ
0120-019-316