中計の具体化の軸を明確に!!②2018年6月29日

こんにちは、可視化経営のエバンジェリスト本道です。

前回まで、中期経営計画立案には、STPマーケッティングの切り口で検討することをお話してきました。
❖前回までの復習

《戦略ポジショニングマップ》

❖先に洗い出した自社としての「ありたい姿」と、このSTPマーケティングの切り口(3C-3S)から導出した取り組みたいテーマ(事業の芽)を、以下の「事業特性具体化シート」の10個の視点で事業としての具体的なイメージを構築して行きます。



❖特に成長戦略(戦略ポジショニングのターゲットB、ターゲットC-2、ターゲットD)においては、この視点の各項目で事業の具体的なイメージを深めてください。



更なる詳細は、ここをクリックしてください。

詳細はこちら
また、⑩のマクロ環境特性については、さらに以下の視点で事業を眺めてください。

マクロ環境チェックシートはこちら


著作紹介

  • 「可視化」、あるいは「見える化」というキーワードが取りざたされている昨今ですが、一般的には、製造現場でのヌケ・モレ防止策であったり、データをただ単にグラフ化し、わかりやすく …

    可視化経営

  • 可視化経営を実践するためには、経営理念、事業ドメイン、ビジョン構築、戦略の導出とその具体化、評価のためのIT活用など幅広いテーマの取り組み …

    すべての「見える化」
    実現ワークブック

  • 経営の「見える化」が注目されている背景、具体的に何をどう「見える化」するのか、どのような経営のメリットがもたらされるのかを、わかりやすく解説 …

    図解ビジュアル
    経営の「見える化」