ここから共通メニューです


 

トップページ > 可視化経営度診断

ここから本文です

可視化経営度診断可視化経営度診断

30の設問に答えるだけで、あなたの会社の可視化経営度をチェックし、<無料>診断レポートをお送りします。
可視化経営度診断では、以下のような7つのカテゴリ(見える化視点)で、あなたの会社を診断していきます。
7つの見える化による可視化経営度レーダーチャートであなたの会社の可視化経営度を見える化してみませんか?
自社のマネジメントが機能しているのか、そしてこれからの市場環境の変化に素早く対応していくための基本的な要素が備わっているのか、
一度チェックしてみてください。
貴社の経営改革の進め方が見えてくるはずです。


先の見えない時代、前例主義が通用しない今こそ、自ら戦略を作成、共有する必要があります。


不確実な戦略を遂行するために、現場への具体的な指示や日々のマネジメントの“見える化”が必要になります。


現場からの検証データと権限委譲が求められます。


営業部門だけが顧客接点ではありません。顧客ニーズの満足は、企業総動員、組織戦です。


多様化し高度化する顧客ニーズを常に把握するしくみと顧客視点のマインドがますます求められます。


顧客情報こそ活きたマニュアルとなり、企業の資産となります。


時間や出来高での評価から、知的労働での成果を評価する時代でのモチベーションや成長実感を考える必要があります。

 

 

ページの先頭へ戻る