ここから共通メニューです


 

トップページ > 代表長尾が語る > おすすめBOOKS 2017年版

ここから本文です

おすすめBOOKS

このページを印刷する

伝えることから始めよう

ゼロからの経営戦略 高田 明 東洋経済新報社 1600円
 あのジャパネットたかた創業者、高田明氏による自伝。家業のカメラ店からのれん分けして、1700億円企業を作った著者の人生と仕事が綴られる。テレビショッピングでの口調がそのまま文章になったようで、とても読みやすく、あの微妙に訛った言葉遣いが聞こえてくるかのように読み込むことができる。
 「伝わるコミュニケーション」という章は、営業マン必読。スキルだけで売ろうとしてはならない。パッションとミッションが必要だと説く。ご本人は天性の営業マンなのだろうが、その伝えるコツについても丁寧に教えてくれている。
 企業経営のポリシーは、「目標を設定しない」「自己更新を続ける」「他社と比較しない」の3つだそうだ。目標を持たない主義だという話が本書では何度も出てくるのだが、すぐその後に「月商を300万円にしようと決めた」といったエピソードが出てくる。恐らくインタビューでライターさんが書いているからだろうが、矛盾する話も少なくない。正しくは「目標を設定しない」のではなく「目標に縛られない」「単なる数値目標には意味がない」といった意味だと考えれば良いだろう。ちなみに、最後は「何歳になっても夢や目標を持とう」という話で締めくくり。やっぱり目標は大切だ。
 こうした相矛盾する価値を同時に成り立たせるところに経営の妙があるということだろう。突っ込みどころはあるが、著者の熱い思いが伝わる良い本である。事業承継に悩む経営者、後継者にも参考になるだろう。
ゼロからの経営戦略

ゼロからの経営戦略 沼上 幹 ミネルヴァ書房 2000円
 一橋大学の教授による経営戦略ケーススタディ。11の事例で経営戦略の考え方、特にビジネスモデルの考え方が分かりやすく解説されている。取り上げた企業が、なぜそのビジネスモデルを構築できたのかを創業の経緯などからも紐解く。企業経営者に、経営戦略を考える時にはこれくらいのことを考えてよと言いたい内容。同業者に見えても、実はビジネスモデル、要するに収益構造がまるで違うということが良くある。そこを考えずに同業者と自社を比べて強みが、弱みが・・・とやっているから、どれだけ考えても同質的な戦略しか出てこないことになる。
 事例も新しくて、多くの企業の参考になるはずだ。良著。
わがセブン秘録
わがセブン秘録 鈴木敏文 プレジデント社 1500円
 言わずと知れたコンビニの父、元セブン&アイ会長、鈴木敏文氏による回顧録。そもそも小売の世界を目指していなかった人による究極の素人発想が日本一の小売グループを作ったのだということが理解できる一冊。玄人の常識、業界の常識に囚われて過去の延長線上でしか動けない人は、時代の変化に対応できないということだろう。
 最後の退任の仕方が残念ではあるが、未だに新商品の試食などもしているそうだから、やはり鈴木氏の力は本物だったということか。本書の中にも不可能と思われたビジネスを成功に導いた実績が挙げられていて、参考になる点も多い。人口も減少しマーケットもなくなってしまう中で、なんとか勝機を見出すヒントを見つけたい人は読んでみると良いだろう。常識を打ち破れば戦い方はいくらでもある。
 

お問い合わせ・資料請求

弊社へのお問い合わせ、資料請求をフォームにて受付けております。お電話でも承っております。お気軽にご連絡下さい。

Webからのお問い合わせはこちらからお願い致します。資料請求はこちらからお願い致します。
 

ページの先頭へ戻る